忍者ブログ

ゲーム作成状況を載せて行きますよ。 いつ完成する事やら・・・ ダージリンおじさん メール:moumouojisan@yahoo.co.jp
06 2018/071 2 3 4 5 6 78 9 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 08

07.11.08:34

百分率とは




 百分率とは、比べたい数値を100%表記で
表す事を言うようだ。プログラムにおいて様々
な場面で役に立つ。

例えば、プレイヤーのHPが5%以下だったら
HPを自動回復するなどと言った処置もこの
「百分率」があれば実現できてしまう。


では早速計算の仕方を。


1、割合 = 比べる数 ÷ 元の数
2、百分率 = 割合 x 100

になる。



例えばこの3000がHP最大値と言う事にして
「比べる数」には現在のHPを代入する。
ここでは仮に現在のHPが「170」だった場合
「比べる数」は170になる。


割合 = 比べる数(170) ÷ 元の数(3000)

元の数は最大数を代入する。

0.056 = 170 ÷ 3000

割合は0.056担ったので後は100を掛けるだけ。


百分率(5.6%) =0.056 x 100

と言う感じで割り出すことが出来る。




私の場合銃のトリガーの稼動(角度)を百分率で
求め、トリガーが75%を超えたらハンマーが落ちる
などと言った処理に使ってみたいと思う。


実は分からない人の為と言うよりは自分のために
メモとして記事を書いている。もちろんそれが
誰かの役に立てば尚よろしいのだが。


PR

07.10.16:52

実は左手が炎症していた。

箸も持てないほど激痛で腫れあがった左手。
鎮痛剤系は全く効かなくてさすがに病院へ。

リウマチでは無いけど限りなく近い数値が
採血でわかったとか。原因は趣味のギター
による手の酷使で手が炎症を起こしている
のではと言う結論。

炎症のほうでも結構重い症状のようでギプス
を固定しての治療だった。なもんでキーボード
なんぞ打つ事も出来ずおとなしくしていた訳です。


今日病院にてギプスをはずして貰った。
正直指を使うとまた腫れそうな気もするが、
ゲーム製作を再開したいと思う。

世界がこのゲームを望んでいると、そう信じて
私はこのゲームを作る。

07.10.16:49

実は左手が炎症していた。

箸も持てないほど激痛で腫れあがった左手。
鎮痛剤系は全く効かなくてさすがに病院へ。

リウマチでは無いけど限りなく近い数値が
採血でわかったとか。原因は趣味のギター
による手の酷使で手が炎症を起こしている
のではと言う結論。

炎症のほうでも結構重い症状のようでギプス
を固定しての治療だった。なもんでキーボード
なんぞ打つ事も出来ずおとなしくしていた訳です。


今日病院にてギプスをはずして貰った。
正直指を使うとまた腫れそうな気もするが、
プログラミングを続けて生きたいと思う。

06.25.17:28

ではGifでちょっくら

https://gyazo.com/316fda68d9c2566ab5f92c2ebe80250f

とりあえずのイージング。
後々かっこよくなる予定。


https://gyazo.com/7887cd23addc820279eb6e4bbb949b5c


それぞれのパーツはまだ連動させていない。
取りえずハンマーを動かせるようにしてみる。


06.25.16:23

トリガーを動かすのに苦戦



 前の企画書の一部。
全てをプログラム上で連動させる。
アニメーションではなくごまかしが効かない
のが難点ではある。モデルガンやガスガンを
触ったことがある人なら分かると思う。

撃つ瞬間も楽しいが、撃つまでの過程も楽しい
と言うことを。ここら辺は普通のFPSなら
ゲームテンポが落ちないようスムーズな
自動リロードが始まる。

しかしこの部分こそ、言わばショートケーキ
でいうイチゴの部分なのかもしれない、と
私は思っている





 って事で再び銃が戻ってきた。
プロトタイプとはいえ機構を作るのは
やはり面倒だ。ゲームによってはハンマー
が常におちてたりと現実ではありえない
挙動だったりと。銃へのこだわりは
それぞれFPSによって違うので、
リロードアニメーションなどを見比べてみると
大体そのゲームがどこまでこだわってるかが
分かって楽しい。


今回は左クリックでトリガーが動くように
してみた。まだハンマーは稼動しない。
更に言えばシングルアクションとダブルア
クションを両立させなければいけない。

ちょいとこれが面倒。