忍者ブログ

ゲーム作成状況を載せて行きますよ。 いつ完成する事やら・・・ ダージリンおじさん メール:moumouojisan@yahoo.co.jp
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.03:46

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/11/03:46

11.09.15:29

方向性を変える。










 今回でしゃがみや走りの追加、しゃがみ中の移動の速さ調節
をしてみました。さらに前から深刻だった壁を挟んだ状態でも
敵が攻撃をしてくる問題も解決。

こちらは、敵の目線より上に、さらに主人公の頭更に上に線を
張っていたので、隠れていたつもりでも頭より多少高いブロック
を挟んでいても標的とみなされる事が原因でした。

FPSでおなじみの基本アクション、しゃがむ、走る、ジャンプ、
これがそろうだけでらしくなるんですね。ちなみにリーンも出来ますよw


でふと思い出したのですが、私が限りなく目指しているFPSは実は、
元祖FPS,DOOMなんです。私はもともとグラフィックに拘るより、
ゲームの面白さに拘っています。ドット世代というのも、あるかも
知れませんね。

DOOMの特徴というのは、敵が放つ弾幕の中を猛スピードでかいくぐり、
一体一体倒してゆく事にあると思います。私の即着弾ゲームとはまったく
異なるんですね。かと言って弾速を遅くしてしまうと国産ゲームXoperations
に限りなく似てしまうのです。もし帰るのであれば、敵をモンスターに変更する
必要があります。

そうすることで、近距離の戦闘、いわゆるヒット&アウェイが楽しめるという利点
あると思います。これが実現できれば、武器は銃器に限らず、近接武器もしよう
可能になりますし、やはり変更してみるべきかもしれません。

ところが既に3種類の敵を用意してまして、それぞれ攻撃スタイルを決めて
スクリプトを組んでしまった為、下手にいじると、大変なことになりかねないのです。




PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら