忍者ブログ

ゲーム作成状況を載せて行きますよ。 いつ完成する事やら・・・ ダージリンおじさん メール:moumouojisan@yahoo.co.jp
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.05:18

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/11/05:18

07.13.22:34

条件演算子はIFだけじゃない!

 C言語に限らずいろいろな言語で
「if」が使われていますね。

プログラムの大半はif文で成り立っている
と言っても過言では無いでしょう。
このifによってプログラム内容を分岐できる
訳ですが、実はC言語に於ける条件演算子は
if以外にも存在するんですね。

先ほど知ったばかりですが、「?」と「:」を使う
方法があります。

例えば「if」の場合で「Val」という変数の結果次第で
プログラムの分岐をする場合、


if (Val = 0){
~Valが0ならここの処理~
} else {

~Valが0以外ならここの処理~
}


となりますね。これをその方法で分岐してみますと、


  Val == 0 ?  ~Trueならここの処理~ : ~Falseならここの処理~


となります。
上と全く同じ事です。

この場合左の比較結果で「Valが0か」と比較してますね。
それに対して結果がその通りなら[:]の左に書いた文が実行され、
これまた違う場合は「:」の右の文が実行されます。


ifとelseを使う方法より、行数が少なくスマートですよね。
ものすごく短い文であればこちらの方法を使うのも悪くない
と思います。処理速度は知りませんけど。


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら